MENU

出産を機に汗をかくように

元々、汗をかきにくい体質だったので、あまり体臭は気にならなかったのですが、子供を産んで体質が変わり、冷え性が治ったのと同時に代謝がよくなり、汗をかくようになりました。

 

汗をかくようになってから、自分の体臭について気になるようになりました。

 

特に仕事で外回り中に汗をかいた後、オフィスに戻ってくる時に臭ってないか?と気になり出しました。

 

周りの同僚の汗の臭いなどが気になっていたので、自分も同じように周りに汗臭いと思われているかと気になりました。

 

そこで、臭い対策をきちんとしようと思うようになり、制汗剤や制汗シートなどを常備するようになりました。

 

今では夏だけでなく一年を通して何かしらの制汗剤は持ち歩いています。

汗を残さないことが大事

ドラッグストアに行けば、色んなタイプの制汗剤があり、どれがいいのか分からなかったので、片っ端から好きな匂いのものを試しました。

 

スプレーから、シート、ジェル、ローションなど色々試しましたが、一番効果があると思うのが汗拭きシートでした。

 

制汗スプレーなども、スッキリしますし、香りも良くていいのですが、まずは臭いの原因である汗や汚れを落とさないといけないと分かりました。

 

汗をかいた時にスプレーだけしても、根本の解決にならず、その場しのぎで香りで誤魔化すという手段なのです。

 

まず汗をかいた所を汗拭きシートで綺麗に拭き取ってから、香水なり、制汗スプレーなりをすることが一番効果的だと思います。

 

臭いが気になるときはまず臭いの元を清潔にすることが大切です。

ちょっとした気遣いで防げる体臭

制汗剤でケアするようになり、自分の臭いが気にならなくなりました。

 

汗をかいたら都度汗拭きシートで綺麗に拭き取るということを実践するようになってから、仕事で着る制服を自宅で脱いだ時の汗臭さが、グっと減りました。

 

また、夏場など自分でも汗臭いと感じることがあったのですが、小まめに清潔にするようになってからそんなこともなくなりました。

 

接客業なので、自分の臭いを気にしながら接していると集中できないので、今は臭いを気にせず堂々と接客できるので、気分的にも楽です。

 

また、香水をつける時も、汗を抑えてからつけるようになり、香水の香りが以前よりも香水本来の香りが楽しめるようになりました。

 

今は汗拭きシートは手放せないアイテムです。