MENU

ワキがのニオイが強い・・・

第二次性徴期となる小学校の高学年あたりから、自分の脇の下からワキガの特有のニオイが気になるようになりました。

 

母親自体がワキガ体質だということを知らされて、遺伝によるものだと知りました。

 

中学生あたりからニオイがさらに気になりだしたため、母親からの助言により、毎日体臭のケアを心がけるようになりました。

 

部活動も始まりましたし、ワキガのニオイがする人のことを友達がからかう姿を見て、自分もからかわれたら傷つくと思い念入りにケアをするようになりました。

 

さらに、わき毛も生えてきた頃には、ニオイがひどくならないように脱毛もするようになりました。

 

これらのきっかけにより、体臭のケアには人一倍気を使うようになったのです。

リフレアというデオドラントが効果的

まず最初に心がけた対策として、自宅で使える脱毛器を利用してワキ毛を脱毛する、こまめにワキ毛を剃るなどして処理をしていました。

 

ワキガはアポクリン腺から分泌する汗が臭いの原因ですが、ワキ毛があると当然付着したものが拭き取り難くなるので、長時間放置されやすく、臭いの原因菌が繁殖しやすくなるため、毛は無い方がいいと思いました。

 

リフレアというワキガ専用のデオドラント剤を使用することによって、ワキガのニオイを抑えることができました。

 

ドラッグストアで手軽に購入できますし、価格が手ごろなので手放せません。

 

そして、食生活にも気を付けました。

 

肉類などを食べるすぎると、タンパク質が多いので、不要なものが汗として排出されますが、タンパク質が分解されると強い臭いになるため野菜を多くく食べるようにしました。

 

また、野菜に含まれるビタミン類は脂肪の分解を助ける働きをしてくれます。

 

皮脂も参加するといわゆる油臭くなるので、野菜を取ることは体臭防止にいいと思います。

清潔にすることが大事

脇の下を常に清潔に保ち、食事内容にも気を使い、リフレアを毎日塗るという生活スタイルにしたところ、一日中ニオイを気にすることなく過ごせるようになりました。

 

汗をかきやすく、露出の高い洋服を着ることが多い夏でも、こまめに汗を拭いてデオドラント剤を使用するだけで、ニオイのケアの効果が高くなりました。

 

以前は、周りの人に自分の体臭のニオイが知られないかびくびくしていましたが、体臭ケアを心がけるようになってからは、あまりストレスを感じることなく過ごせるようになりました。

 

そのため、以前よりも着たい洋服が着れるようになったり、積極的に行動できるようになったので、性格が明るくなったと周りから褒められるようになりました。